広島シティーチャンネル

5月3日
広島市内では4月19日より観光用の循環小型バス、赤い車体がかなりお茶目?でスマートな「めいぷるーぷ」が試験運行されています。

9月30日までの半年間限定で、料金はどこで乗って、どこで降りてもひと乗り、大人200円、小児100円。

広島駅新幹線口、ホテルランヴィア広島の目の前がスタートになっているので観光客には非常に利用しやすいものとなっています。

ルートは新幹線口〜幟町電停前の県立美術館前〜リーガロイヤルホテル広島前のひろしま美術館前〜紙屋町(菓子博会場前)〜原爆ドーム前(平和公園へアクセス)〜平和公園前(同じく平和公園へアクセス)〜八丁堀〜比治山の現代美術館前を通って新幹線口に戻るコースと原爆ドーム前から横川駅に向かい、再びひろしま美術館前を通って八丁堀で合流するコースの2通り。

新幹線口は始発が9時で以後、30分ごとに17時30分が最終便。全区間乗っても200円…。およそ1時間、乗りっぱなしでも、「究極の市内観光」が200円でできる!のは嬉しい、かも?携帯で運行時間、ルートなどもチェックできます。

ただしフラワーフェスティバル期間中は一部ルートが変更されます。10時30分までの便は通常運行ですが、それ以降最終便までは平和大通りには入れないため、原爆ドーム前を過ぎてからは北側の城南通り(広島城のすぐ南側の大きな通り)へ迂回して八丁堀経由で新幹線口に戻ります。
ご意見はコチラ
広島クリスマスチャンネル
ホーム
sports.c.w