広島シティーチャンネル

5月20日
バクスター監督!神戸へ−。

サンフレッチェ広島(1992〜1994)、ヴィッセル神戸(1995〜1997、2006)で監督として指揮を執ったスチュアート・バクスター氏(57)が、東日本大震災の被災地支援を目的に来日する。

かつて同氏が指揮を執った両チームが5月21日(土)J1リーグ戦第12節(ホームズスタジアム神戸、19:00キックオフ)にて対戦することにあわせて来日。当日試合会場で東日本大震災支援チャリティーオークションが実施される。

このオークションでの収益は、ヴィッセル神戸義援金受付口座に寄せられた義援金とともに、日本赤十字社を通じ、全額被災者救済のための救援活動及び復興支援活動など資金として贈呈される。

■実施時間/場所
16:30〜19:00、ホームズスタジアム神戸 スタジアム場外アプローチ広場「MFCブース」内

■入札方法
展示されている商品を見て、設置されている専用用紙に入札金額と必要事項を明記の上、入札箱へ入れる。落札者の発表は、5月25日(水)までに落札者へ直接連絡。※当日試合会場以外での入札はできない。

■出品予定商品
バクスター氏にゆかりのある選手やクラブのグッズなどが出品される予定。
・サンフレッチェ広島 1994年セカンドユニフォーム(本人直筆サイン入り)
・ヴィッセル神戸 2006年レプリカユニフォーム(本人直筆サイン入り)など

■バクスター氏コメント
「東日本大震災発生直後から、お世話になった日本に対して何かしたいという思いで、
スウェーデンで募金を募るなど、家族で活動してきました。
今回広島と神戸という私にとって特別な2チームが対戦するということで、来日し、チャリティー活動の一環としてオークションを実施することになりました。今回だけで終わることなく、義援活動は継続していきたいと思っています。皆さんのご協力、よろしくお願いします」

■バクスター氏プロフィール
1953年8月16日生まれ。57歳。イングランド国籍。
1992年〜1994年までサンフレッチェ広島の監督として指揮。
1994年には1stステージ優勝を果たす。
1995年〜1997年までヴィッセル神戸の監督として指揮。
クラブ創設時の監督として、1996年Jリーグ昇格に大きく貢献。
また1997年にはJリーグで初めてフェアプレー賞を獲得。
イングランドU−19代表や南アフリカ代表監督を経て、
2006年再びヴィッセル神戸監督に就任。シーズン途中、家庭の事情でチームを離れることになったが、1年でのJ1復帰を果たす原動力を作り出した。その後、ヘルシンボリIF(スウェーデン)監督、フィンランド代表監督を歴任し、現在に至る。なお、1995年に広島から神戸に転居した際、阪神・淡路大震災に遭遇し、被災地からの復興を願いながら戦った。

ご意見はコチラ
広島クリスマスチャンネル
ホーム
sports.c.w