市民球場再生計画

4月4日
松井氏、豊田氏が横一線?

中国新聞一面に、同紙による広島市長選世論調査の結果が掲載された。結果と言っても6人の候補者に対する支持数を明らかにしたものではない。(なぜ伏せるのか?)「電話による調査に取材を加味して分析した結果」として「松井、豊田両氏が横一線。大原氏が激しく追う展開で、桑田氏、大西氏が続くが、まだ5割強の市民が投票者を決めていない」としている。

しかし…。勝手に洞察するに中国新聞は秋葉市長の「分身」とも言える元広島市副市長の豊田氏に肩入れしてはいないか?

市長選公示日翌日の3月28日、中国新聞一面。候補者の顔は分からないものの、公示を告げる記事のカラー写真は豊田氏だった。松井氏は大原氏と並列の扱いか、あるいはそれ以下。ここに「中国新聞のバイアスがすでにかかっているように思う」と長年、広島で選挙に関わってきたある関係者が指摘する。

市議会の声、市民の声をダイレクトに反映する「日刊廣島」(日刊広島新聞社)。一般には馴染みが薄いが市役所、市議会、市内事業所などでよく見かける。

3月11日号一面には「豊田氏、公約の平和路線に秋葉市長が見え隠れ」の見出し。さらに、「結婚後は「古澤」姓」の見出しのあとに、「豊田は結婚前の旧姓、公務員の身で旧姓「豊田」を名乗ることに違和感をいだく市民は少なくない。なぜ結婚後の「古澤」を使わない」と指摘している。

この件では市議会議員、平野博昭氏のブログ、「その他」の項目の3月4日分、「市長選について、その4」に詳しく書かれている。市議会87号議案のコピーもある。その中で豊田麻子、戸籍上の氏名、古澤麻子、とある。

平野氏もブログの中で「通称の豊田姓で社会活動をされることの意義は何なのでしょうか。夫婦別姓で、しかも単身赴任で、約120万市民の責任者・首長、市長の激務がこなせるのでしょうか。上がある「副」と比べ、絶対権力者である市長の重圧と責任は想像を絶するものがあるはずです」と疑問を呈している。

単身赴任で広島にやってきて2年ちょっと仕事しただけで、「広島を好きになりました」。それが市長選に立候補した理由だとすれば、確かにそれでは地に足がついていない、と言われても仕方がない。

これまで、マスコミが散々、取材しても見えてこなかった豊田氏のご主人、家族などのパーソナルデータ。これはプライベートとは違う。そのご主人は豊田氏の事務所開きに姿を見せ、豊田氏にジャンパーか何かを着せたと聞くが、とんだパフォーマンスではなかったのか?

豊田氏が市長選に後出しジャンケンで名乗りを上げた頃(2月11日前後)には「豊田氏、圧倒的有利、女性票が集まり、秋葉支持層の票も、秋葉市長は前回市長選で圧勝しているから…」の声が担当記者の間から上がった。

秋葉市長のタスキを受け、秋葉色の4年間の繰り返し。市民球場跡地を何もない広場にして世界に情報発信できる広島の「顔」を奪い、うわべだけの平和行政を訴え、市議会と常に対立し、市役所のやる気を奪い、市街地から活力を奪い続ける不毛な4年がまたやってくるのか…。

しかし…。

「秋葉市長がこんなに人気がないとは知らなかった、と豊田氏支持者が街頭でビラ配りして嘆いていた」「桑田氏との間で支持者が分裂して豊田事務所の準備がバタついている」。さらに時間の経過とともに「豊田氏のコメントは誰が書いているのか?それをいつも思い出しながら棒読みしているだけ」「そのうち、有利と見れば秋葉さん自身が街頭に一緒に立っていそうだが、そうなる可能性も低いのではないか?」などの声が増え始めた。

さらに日刊廣島3月25日号一面には「告知前、「とよだ」入り幟、市選挙管理委員会「公職選挙法に抵触」と見解の見出しも見られる。「ゆっくり構えている状況ではない、それどころじゃない」事務所から実際に漏れ聞こえてきた声である。

こうしたことにまったく触れない中国新聞は、いったいどうしたいのか?先日、無理やり(たぶん、そうだろう。前期は大学の受け入れ態勢さえできていないから講義の枠すらない)広島大特任教授を拝命した秋葉市長と豊田新市長のラインが存在した方が、長年、秋葉市政を支持してきた同紙としてはやりやすいのだろうか。なお、やりやすい、とはこの場合、おカネになる、ということを指す。

広告収入、販売収入激減の新聞業界にあって同紙も例外ではなく、先ごろ電子版をスタートさせたが、その後、どうなったのか、自分たちで記事にしていないからどれだけの人が今、電子版を読んでいるのか誰にも分らない。

こんな状況下で唯一とも言える収入の期待できるコンテンツはカープ。今日の紙面にもまた「球団公認タブロイド紙CARP TIMES」の発刊ニュースが“自社広告”で掲載されているが、苦しい経営状況下にあって、豊田氏を押さざるを得ない立場にあることが洞察できる。

冒頭の「松井、豊田両氏横一線」記事。「取材」を加味して無理やり「横一線」に並べてはいないか?なお、今回、当チャンネルは豊田氏のことのみを紹介し、松井氏の方はまったく触れなかった。両氏について「ああだ、こうだ」というなら松井氏についても同様にここで掘り下げるべきだが、秋葉さんの12年にサヨナラすることがまず第一、と考えるので今回はご容赦願いたい。

現在、期日前投票が行われおり、NHKほか、地元各局も出口調査などで各立候補者の支持率を探っている。その成果がきょう夕方のニュースあたりから市民の耳目の及ぶところになるだろう。

最後に。広島市民球場跡地問題では最も具体的な策をもってこの市長選に臨んだ大原氏が「2強」からこぼれた状況については残念、というほかない。しかし「2強の争いはもう2、3週間前から続いている」という声もある。

“広島の街づくり”とはなんら関係ない「IT」しか売り物のない「秋葉色のタスキを肩にかける過去のよくわからない女性」対「牛田中、基町高魂」の松井氏の激突。カープの岩本選手と同じ牛田中から、広島城、元の広島市民球場に最も近い高校である基町高校に進んだ松井氏の方が、「素顔の見えない他県の女性」より、それだけでよほど親近感がもてるのは、当然だろう。

ご意見はコチラ
再生計画トップ
ホーム
sports.c.w