市民球場再生計画

5月31日
願いを込めた折り鶴活用も公募−。

松井市長は会見で「平和宣言」公募と同時に、秋葉前市長が「折り鶴のまま展示する」ことに異常なまでに固執していた「折り鶴を別の形に活用する」アイデアを6月1日から公募する、と発表した。

国内外から広島に届く折り鶴が「目に見えない形になっても託されたその思いが皆の心に根付くこと」の重要性を松井市長は強調した。

松井市長はすでに3月の市長選、選挙活動中から「再生紙でボールペンの胴体部分を作る」方法などを紹介してきた。

基本的には再生紙として活用し、平和学習や広島を訪れた観光客への「思い出」となる”作品”が中心になる模様。締め切りは7月29日。問い合わせは平和推進課、電話082・242・7831。
ご意見はコチラ
再生計画トップ
ホーム
sports.c.w