市民球場再生計画

8月1日
元の広島市民球場解体の2期工事開始を翌日に控え、メディアに球場の現状が公開された。外野芝生のあった場所には背丈以上の草が覆い茂り、その映像を見た視聴者からは「あれはないだろう」の声が上がった。また「映像」を見た夕方ニュース、広島テレビのコメンテーター、池谷公二郎さんは「せめて草むしりぐらいはして欲しかった…」と神妙な面持ちでコメントしていた。

解体1期工事を終えた球場は正面の「顔」やカープベンチなどがあった一塁側がすでに取り壊された。残っているスコアボードや外野スタンドが仮囲いから顔をのぞかせ、途中まで壊された三塁側内野スタンドから鉄骨やコンクリートがむき出しになるなど異様な姿をさらし続けている。

ご意見はコチラ
再生計画トップ
ホーム
sports.c.w