市民球場再生計画

1月4日
原爆死没者慰霊碑に金色のペンキか?

原爆死没者慰霊碑にペンキのようなものがスプレーされているのが発見された。平和記念公園の警備員が午前1時10分ごろ発見した。同エリアでは警備体制の強化が図られてはいるが、同様のトラブルや各種事件が絶えない。

都心の真ん中にある公園内の安全な管理体制の難しさが指摘されて久しいが決定的な対策は打てないままだ。

今回の事件では「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれた石碑前面に金色のペンキのようなものがスプレーされており、無念さを通り越して深い痛みを感じる、というほかない。

なお、元の広島市民球場跡地の活用策について、秋葉前市長が公園緑地を中心としたイベント広場などの賑わい施設整備を本格化させようとした2009年、2010年当時、近隣地区住民らから「平和公園の現状を考えれば、夜は怖くて近づけなくなる。都心にこれ以上、同類の施設はいらない」という声が多く上がっていたが、それらの指摘を受けて広島市が平和公園の警備管理体制に具体的な対応を講じたという話も耳にしていない。
ご意見はコチラ
再生計画トップ
ホーム
sports.c.w