市民球場再生計画

10月3日
秋葉負の遺産、平和研も−。中国新聞朝刊が広島市立大の広島平和研究所の空席問題を報じた。

浅井基文前所長は任期満了で3月末に退任、ということはもう半年もなり手がない。平和都市広島の名に恥ずべき状況だ。

記事では秋葉前市長の「オバマジョリティー」キャンペーンなどを浅井前所長が公然と批判したため、市長選を前に”様子見”になった、などの原因もある、としている。

当チャンネルでも再三、「オバマジョリティー」の”不正義”について紹介してきた。そして、正しいことをはっきりと口にした浅井前所長は結果的には市立大の中にいながら広島市にモノ申したことになる。

その結果がこの体たらく…。秋葉前市長の独断で進められたものはあまりにも多く、この問題も”そのあと”の課題をしばらく引きずることになりそうだ。


ご意見はコチラ
再生計画トップ
ホーム
sports.c.w