市民球場再生計画

3月22日
20日に読売テレビ「かんさい情報ネットten!」で生放送された大阪市の橋下市長とコメンテーターのやり取りがネット掲示板で話題になっているという。

コメンテーターの若一光司氏が橋下氏にパチンコというグレーゾーンの存在について「どう考えておられますか?」と質問した。すると橋下氏は「しっかり整理しなければいけないと思ってます」とコメントした。

東日本大震災の被災者らに支給されるおカネの一部がパチンコに消えていることについてもネット上では賛否両論あるが、パチンコのプラス面?とマイナス面を考えた場合、その存在意義があるか、ないか?は誰の目にも明らかだ。

広島市内でも、低所得者を狙い打ちするような「地の利」を生かした場所に大きなパチンコ店がドーンと構えている。カープキャンプ地の宮崎、日南市内ではパチンコ店と県外金融業者の連携プレーによって続出する自殺者の話も直接、現地の人から聞いた。

2006年以来、人口減少に転じた日本において何の生産価値もないままエネルギーを浪費するパチンコに未来はない…。しかし言うはやすしでも実行するとなると、おそらく命すら危うくなるだろう…。勇気を持って口にする橋下市長のあとに続く者は出てくるだろうか?


※大阪市と広島市の比較により広島市のあるべき姿を探ります。
ご意見はコチラ
再生計画トップ
ホーム
sports.c.w