市民球場再生計画

7月5日
「自殺の練習」でも立件せず!?

橋下徹大阪市長がさきほどの定例会見で大津市の市立中2年の男子生徒が自殺した問題について涙を流しながらその思いを吐露した。

「本当に痛ましい。(こういう事件!を)なくしていくのが教育行政の役割で、僕らのような行政の責任者が一番力を注がないといけないと思っている」と述べたという。

市長であると当時に弁護士、父親でもある橋下市長の涙こそが「正義」だろう。

この生徒の自殺に関してはマスコミが報道を続けているが、端的に言えば、複数の生徒が「自殺の練習」をさせられるなどの「いじめ」があった、としているのに対して学校、教育委員会側は「それはなかった」はず?という立場をとっている。

生徒の自殺といじめの因果関係はなし、との結論ありきの「筋書き」が、教育関係者や行政サイドの言動から見え隠れする。

またこの事件では今日になって、遺族が「同級生から暴行を受けていた」などとして、警察に3回も被害届を提出しようとしたが、受け取りを拒否されていたことも判明した。理由は生徒が死亡しており刑事事件として立件できないから、だという。

死亡しても立件できないのなら、殺人事件は全部、立件できないことにもなるがどうか?(と大津署に電話してみてが、「殺人事件ではありません」との返答だった。自殺の練習、が事実ならいったいどう理解すればいいのか…)

広島市内でもいじめの問題は深刻化しており、この春にもいじめによる小学生の自殺未遂がニュースになっていた。

教育は人格の完成を目指す。その大原則が揺らいでいる。橋本市長の「人格」からして、おそらくこの問題をそのままにはできないだろう。

※他の自治体と広島市の比較により広島市のあるべき姿を探ります


ご意見はコチラ
再生計画トップ
ホーム
sports.c.w